日本の中のMBA

MBAという言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか。
MBA=Master of Business Administration(経営学修士)は組織に必要な経営資源を体系的に学び、経済学を理解するために経済学を学んだ人が取得する修士号です。
一般的に修士号とは日本で言うと、大学院で2年間学び卒業すると取得できる資格です。
さて、今までMBAを取得するには海外の大学院で2年間学び卒業して取得するのが一般的でした。
しかし、最近では日本でもMBAを取得する方法があります。
いわゆるビジネススクールと呼ばれている学校です。
日本で社会人として働きながら海外に留学するのではなく、国内で留学できる制度です。
これならば会社を長期に休んだり、辞めたりしなくても働きながら学べるために金銭的なリスクが少なくなります。
しかしカリキュラムそのものは海外と同等なため簡単に取得できるわけではなさそうです。
それ相応の覚悟と頑張りは必要です。
まず世界共通語といわれている英語は必須です。
授業は英語で行われるからです。
グローバル化と言われている昨今では英語力は必須というわけです。
授業は、毎週末に集中して行う学校もあれば、時間を自由に使えるオンラインで学習を行う学校もあります。
社会人といっても若い人や年配の人、子供を持っている女性、忙しく働いている人など立場は様々です。
現在では自分に合った学習スタイルを選択することが可能なのです。
どのような学校が日本でも学べるのでしょうか。
インターネットで「日本MBAスクール」と検索すると、日本でも学べる大学のリストを見ることができます。
どの大学も世界でトップクラスの大学です。
また、日本の大学でも海外の大学と提携してMBAを取得できるようになっている大学もあります。
MBAを取得する動機となるのは、転職(特に外資系の会社へ)や格付けアップなどが多いようです。
今まで仕事で経験してきたことが自分の中で力となっている人たちが多いということが一つの特徴のようです。
海外で、若しくは外資系で働くにはMBAという称号は一つの「武器」となると考えている人が多いということです。
経験だけでは不足しているということを肌で実感している人たちだと思います。
グローバル化に向けて進んでいる現在は、その需要はまだまだ増え続けていくと思われます。
少子化で現役学生向けのスクールのみでは生き残れないというのも後押しして、社会人を対象にしている学校もあるのかもしれません。

Copyright (C)2018資格・免許が狙える専門学校.All rights reserved.