調理師免許について

飲食店で美味しい料理を食べると、とても幸せな気分になれます。
この料理は誰が作ったのかとか、どうやって料理したのかなど興味がわいてくるでしょう。
そして料理人が調理師免許を持っていると、しっかりした料理人で料理も上手、良いお店だという印象も受けることが多いと思います。
さて、調理師免許は料理人が必ず持っていなくてはいけない資格ではありません。
しかし、栄養のバランス、食材に関しての基礎や食文化などを正規に学び、習得したという証です。
その料理人がそのことについて努力した言う証でもあります。
知識だけではなく、その努力と姿勢に対してもお墨付きという免許だと思います。
この調理師免許を取得する方法は二種類あります。
一つは国家試験を受験することです。
料理経験者は基礎的な知識もある程度持っていると思われます。
そういう人にとっては、補助的に勉強し受験する方法があります。
試験は四肢択一・マークシート方式のみです。
科目は食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論の7科目です。
この調理師免許は各都道府県知事によって交付されています。
もう一つの方法は厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業することです。
ここで卒業すれば国家試験は免除され、免許の申請を行えば調理師免許を取得することが出来ます。
未経験者でこれから料理人を目指したい人にとってはこちらをお奨めします。
国家試験を受験するには2年の実務経験が必要ですが、未経験者の人にとっては、2年経験を積むならば調理師のスクールを卒業した方が体系的に学べるということと、最短であれば1年で調理師免許を取得することが可能であるために、お奨めの方法なのです。
このスクールには様々な専門の講師がいます。
和食やフレンチ、イタリアン、中華などを専門の講師から、一つのお店では経験できない、知識を習得できない知識や技を習得することができます。
更に、調理師免許を取得後のその免許の活用についても相談に乗ってもらえます。
つまり、卒業後の進路についてもアフターケアをしてくれるのが多いのも嬉しい特徴の一つです。
今世間は就職難です。
資格はないよりもあった方が良い時代です。
そして、その活用の方法もスクールでは教えてもらえるのです。
なんとも心強いではありませんか。
スクールは通う形態の学校もあれば、通信教育の形態をしている学校もあります。
アルバイトをしながらでも学ぶこともできます。
若い人で調理師免許取得を目指している人には、このスクールはお奨めです。

Copyright (C)2018資格・免許が狙える専門学校.All rights reserved.