医師のためのスクールの紹介

個人病院や総合病院で活躍する医師になるには、国家試験に合格し医師免許を取得する必要があることは広く知られていることです。
この国家試験は医師国家試験と呼ばれており、受験資格は大学の医学部で6年間修習し卒業した者、もしくは卒業見込みのある者です。
2月に試験が実施され、3月に合格発表があります。
医師免許には、更新制度がありません。
一度取得すれば問題を起こさない限り、一生持ち続けられる免許です。
そして直接人を治療するために薬の服用指示や手術も行われるため、かなり重い資格となっています。
この国家試験のスクールもあります。
科目ごとに講座がある場合もあり、それぞれに授業料がかかります。
6年間頑張って受験資格を得ても合格しなければその努力は報われません。
そのためスクールに通う人も出てきます。
卒業しても国家試験に合格していない人も通うことがあるようです。
受講の形態は通学する形態が一般的です。
しかし、都心に出てくることができない人にも受講できるように、地方校というものも設置されているスクールもあります。
本校で講義された内容をDVDで地方校でも受講できるようになっているのです。
またインターネットを使用してeラーニングを行っているスクールもあります。
これらのスクールの受講料は年間で2,000,000円強ほどかかります。
これが講師を目の前にして受講する価格ですが、DVDでは1,600,000円ほどになります。
そして、eラーニングだと1,200,000円ほどになります。
高いか安いかは受講する人の価値観で変わりますが、万全を期して医師国家試験を受験するとなれば、将来の報酬を考えると必要な先行投資ということになるかもしれません。
万全を期さないために不合格になったと思うようならかけるべきコストでしょう。
毎年受験者数は約8,500人で合格率は約90%となっています。
10%に入らないためにも必要なスクールであり、国家試験浪人にとっては絶対に必要なスクールです。
それでも目指す人は毎年減りません。
医師になりたいと思う人が毎年現れ、合格率が下がらないと言うのは意志の強さも変わらず強い人が多くいるということだと思います。
そういう人たちを支えるために必要なスクールなのです。
そして、そのスクールで教鞭をとっている講師たちも後代に優秀な医師を残すために努力していることと思います。
日本が医療先進国とあり続けるためには、こういう人たちの連携が必要不可欠であり、その一つの姿が医師国家試験のためのスクールであると考えます。

Copyright (C)2018資格・免許が狙える専門学校.All rights reserved.