CA専門スクールの紹介

2012年はLCC元年と日本では位置づけられています。
サービスを乗客が選択していくことで低コストを実現しています。
でもどのような状態でも乗客は快適な環境で旅をしたいはずです。
そこで直接乗客と接する乗務員「キャビンアテンダント」が活躍します。
一昔前は「スチュワーデス」と呼ばれていた職業です。
各エアラインで募集しており、人気の高い職業のうちの一つです。
エアラインに就職するためのスクールがあります。
英語力(TOEICなどの強化)やグループディスカッション、履歴書書き方、ウォーキング、ボイストレーニングなどの授業があります。
また、キャビンアテンダントになるためには資格は必要ありませんが、持っていると有利な資格はあります。
スクールによってはそういう資格を取得することを主とした学校もあります。
例えば、TOEIC、実用英語技能検定、秘書技能検定、サービス接遇検定、観光英語検定などがあります。
キャビンアテンダントの採用条件では、TOEIC600点以上としているエアラインが数多くあります。
スクールのカリキュラムの中には海外研修を実施しているところもあります。
国際線はもちろん国内線でもトランジットやビジネスで外国人は数多く搭乗します。
海外に慣れるためや活きた語学を学ぶためにホームステイをしながら、キャビンアテンダントとしてエアラインのトレーニングを受けることが出来ます。
そして、キャビンアテンダントのスクールにはもう一つエアラインの職業の科目があることが多いのです。
それは、空ではなく地上で働く人、グランドスタッフです。
スキルとしては同じような内容を要求されるためです。
スクールには学生で受講できるところもあれば、社会人で受講できるところもあります。
特に社会人で今まで経験したことがない人がキャビンアテンダントを目指すにはとても必要なカリキュラムです。
価格は幅が広いです。
150,000円ぐらい(3ヶ月)のスクールがあると思えば、450,000円ぐらい(9ヶ月)のスクールもあります。
どこを選ぶかは時間と環境を鑑みて決めていくしかありません。
集中的に受講できそうならば短期間が良いでしょう。
逆に仕事をしていて集中的には受講できないようであれば、長期に渡って受講できるスクールを選択したほうが良いのです。
キャビンアテンダントという職業はその職に就かない限り必要なスキルがわかりません。
そういう意味では、独学では入社するのが非常に困難です。
そのために、このようなスクールはあるべくしてあるスクールだと思います。

便利な学校の情報サイト

Copyright (C)2018資格・免許が狙える専門学校.All rights reserved.